失われた地球外生命体の遺跡

失われた地球外生命体の遺跡

Add: xuxasoxu28 - Date: 2020-12-14 11:26:10 - Views: 6930 - Clicks: 9399

Kgb secret file ~失われた地球外生命体の遺跡. ギョベクリ・テペでの地磁気調査によって明らかになったのは、この遺跡で発掘された5箇所のストーンサークルは、地中に埋まった建造物のごく一部だということだった。その丘には、建造物が幾層にも別れて作られており、さらに16個のストーンサークルが地下に深くに埋まっていることがわかったという。 不可能に思えるような時代に、驚くべき神殿を建てていただけでなく、その建造物を数百年使った後に埋めていたのだ。この建造物を埋めるのに、建てるのと同じくらいの時間と労力を費やしていたと考えられている。 これは、ある特定の星座の配置に合わせるためだったのではないかという。このストーンサークルは、彼らが観測していた星に合わせて作られたようだが、星の位置はゆっくり変化するので、定期的に位置を矯正しなければならなかったのだろう。ギョベクリ・テペでストーンサークルが埋められたり建てられたりしたのは、儀式のためではなく科学的とも言える目的があったからなのかもしれない。 白鳥座の星から神々が地上に降りてきたという話は、世界各地の文化に伝わっている。古代ペルシャのマンダ教においては、アバトゥル・マザニアという神の王座が白鳥座にあったと考えられていた。古代エジプト神話のヌトという天空の女神は、白鳥座から来たと伝えられた。マヤ文明においても太陽神キニチ・アハウが白鳥座から降りてきたと言われた。このように異なる地域の伝説に、白鳥座から来た重要な神が登場するのだ。 ギョベクリ・テペを作った人々は、特定の星座に合わせて建造物を配置して、彼らに知識をさずけた地球外生命体がどこから来たのかを示したのか。 年NASAがケプラー宇宙望遠鏡で捉えた興味深い現象を発表した。白鳥座のある星が発している光が不規則な間隔で弱くなっていることがわかったのだ。科学者の中には巨大な建造物が前を通っているからだと主張する者もいる。 これは地球外文明が存在することを示す有力な証拠だ。NASAによるとあるはずのない物体がその星の周りを回っているということなのだ。ギョベクリ・テペの人々が讃えていたと考えられる白鳥座に建造物が見えるということは、こちらを見て!という私たちへのメッセージかもしれない。 NASAの天文学者によると、その現象は約1,400光年先で観測されている。つまり、白鳥座の光が地球に到達するのに1,400年かかる。この星. jp/ UFOの目撃例や目撃談は世界中にあります。 中でも、日本の民族伝承に息づいているUFOの目撃談と思われるものが「虚舟(うつろぶね)」です。 「空穂舟(うつぼぶね)」、「うつぼ舟」とも言われる類似の伝承は加賀国(現在の石川県)、尾張国(現在の愛知県)、越後国(現在の新潟県)などに伝わっていますが、最も代表的なものは常陸国(現在の茨城県)に伝わる話です。 1803年、常陸国の「常陸原舎り浜」の沖合に舟が見えたので漁民が陸へあげてみると舟は直径5mあまりの球形をして、ガラスの嵌められた小窓がある奇妙な造形をしていました。 船内にはピンク色の肌で、赤い髪を辮髪にして背中の垂らした女性がおり、何か小箱のようなものを大切に抱えています。 他に船内には水や食糧、生首などがあり、壁には見たこともないような文字が書かれていました。 せっかく引き上げたものの漁民は女性と会話することもできず、結局また元の海に戻したと伝えられています。 常陸国の虚舟の伝承は滝沢馬琴が自ら主催する文人や好事家の集まりである「兎園会」で聞いた怪談話などをまとめた『兎園小説』や兎園会の会員であった国学者・屋代弘賢の『弘賢随筆』などに伝わっていますが、それぞれ微妙に細部が異なります。 ただ茨城にはこれらの話の原案である「うつほ舟奇談」に関する史料が残されています。 折口信夫や柳田國男らは虚舟を、他の世界から来た神がこの世界の神と同じ姿になるまで乗り続ける「神の乗り物」である潜水艇だと論じています。 しかし虚舟の外見にはUFOと酷似したものも多く、UFO目撃談が元となった可能性もあります。 一方女性の描写は同じく茨城県に伝わる「金色姫」と共通点が多くあり、「虚舟」自体滝沢馬琴による創作であると伝えられています。. ゾロアスター教は、世界でもとりわけ古い宗教で約3500年前、預言者のゾロアスターが古代のイランで創設したと言われている。この宗教の最高神はアフラ・マズダー、翼のついた円盤の中に鎮座した姿で描かれることが多い。 聖典アヴェスターの1つヴェンディダードには、アフラ・マズダーがイマという名の若い王に迫り来る大災害を警告したことが記されている。「巨大なヘビが空から降りてくる」と告げたとされている。これは彗星や隕石の落下を表しているように聞こえる。この災害の後にかつてない冬が訪れると知らせたのだ。 大惨事に先立ちイマ王は、来るべき大寒波を生き抜くため地下に避難場所を作るよう人々に指示した。洞窟が完成するとイマ王は、人類の代表としてそこに人を避難させ、様々な植物の種、動物のつがいを入れたという。彼らは150年もの間そこで過ごし、冬が終わると荒れ果てた地上に出て一から文明を再構築したという。 まるで地下倉庫の形をしたノアの方舟だ。同じ物語があるということは、古代の人々が実際に起きた出来事を記録したように思える。ノアの方舟とゾロアスター教の神話は同じものを表しているのだろうか?ノアが作ったものが、大きな船だったと誤って解釈されたのか。だがそれらの神話が事実だとしたら人類はどのように予知したのか?そのような避難所を作るには時間がかかるだろう。 古代の文書にはっきり書かれているように、大災害が起きることを神々が警告したのだ。そうして、神に選ばれた一部の人々だけが救われることになった。神々は、気候変動を予測できる高度な技術を持っていたのだろう。それ以外に考えられない。 さらにゾロアスター教の神・アフラ・マズダーは翼のついた乗り物で空から降りてきたと考えられている。それはまるで空飛ぶ乗り物だ。ということは、彼は地球外生命体だったのだろう。. ミネソタ歴史センターには、メモや書簡、研究資料などが多数収蔵されている。その内容は、大洪水が起きる前に存在したと言われる文明に関するものだ。それらの資料を集めたのは、19世紀の上院議員イグネイシャス・ドネリーだ。 彼は1882年、最も有名な著書「アトランティス」を発表する。その本の中で彼が主張したのは、人類の文明の元になった失われた文明が最終氷河期に存在していたということだった。彼は、著書の中で失われた文明が崩壊した原因は、大昔の隕石の衝突で地球の軸が傾いたことだと結論づけている。彼はその文明のなごりがアメリカ大陸にあると考えていた。そして究極の証拠は、カリブ海の底にあると言っている。 さらに彼は、1492年にコロンブスがスペインから西に航海に出た時、その事実を知っていたはずだと主張した。コロンブスは新世界へ向かう前から失われた文明のことを知っていたということは、当時ヨーロッパの様々なカルト教団が論じていたという。昔の船乗りや探検家たちが持っていた地図には、彼らが思いもよらないような地域が載っていたという。その当時、まだ発見されていなかった場所が示されていたのだ。 中世には、大西洋の向こうに大陸があると伝わっていたという。コロンブスの時代よりも昔の地図にアトランティスと呼ばれた大西洋の大きな島が載っていたのだ。コロンブスは出処のわからない古代の地図によって意図的に導かれたのか、そこに地球外生命体の介入があったのか。コロンブスが使った秘密の地図や海図は残されていないが、その地図を使ってある謎の地図が作成されたのではないかと学者たちは見ている。 そのピリ・レイスの地図は、1513年に作成されたものにも関わらず、当時は知られていなかったはずの情報が記されている。オスマン帝国の海軍大将ピリ・レイスがその地図を書いたという。それを見るとフランス南部の海岸線があり、スペインやジブラルタル海峡、アフリカの一部もある。その反対側には、南アメリカの海岸線が見える。一見普通のように見えるピリ・レイスの地図が重要なのは、端の方に南極大陸の海岸線が見えることだ。現在は、氷や雪に覆われていて見ることができない。誰かが氷河期よりも前にこの地図を作成したのだろう。 南極大陸が発見されたのは1820年で、ピリ・レイスがその地図を作成した300年以上も後だ。科学者によれば、南極大陸の海岸線が氷. .

今日、地球上に私たちを始め多くの生命が息づいているのは、いくつもの偶然が重なった結果です。. net/ ニコラ・テスラと言えば、今日の送電システムの主流となっている交流電流を始め蛍光灯、テスラコイル、無線操縦など多くの発明品を残し、磁束密度の単位「テスラ」にも名前を残す発明家です。 8か国語に通じ、詩作や哲学にも明るい天才的な人物だったと伝えられていますが、晩年はオカルトに傾倒し霊界と通信するための機械を開発しようとしていたと言われています。 そのため「狂気の科学者」とも呼ばれます。 そんな二コラ・テスラは、宇宙人の放った謎の無線信号を受信したことがあるそうです。 1899年、自作のラジオ受信機を用いて雷雨の観測をしていたところ、テスラは3回ずつ規則正しく発信された無線信号を受信したと言います。 翌年の1900年、テスラはこの経験を「惑星との対話」という記事で雑誌に掲載し、火星にいる知的生命体からのメッセージを受信したと書いています。 「惑星との対話」でテスラは「宇宙人は人類史の始まりから人類を監視し、支配している」と述べ、読者を驚愕させています。 ただ当時、まだ電波を受信する技術が発達していませんでした。 テスラのラジオ受信機がいかに最新のものでも、もし電波がどこから来たか、まして宇宙のどこから電波が来るかを正確に当てるのは不可能でした。 またNASAの調査によると、火星に知的生命体がいる可能性はないとされています。 テスラとNASA、どちらの見解も正しいとするならばテスラが受信した時点では火星に生命体が存在し、NASAが調査したころには死に絶えていたということになります。 テスラの後年は奇怪な行動や発言が目立っており、火星人からメッセージというのもそのひとつと見るのが妥当でしょう。. 。.

しかし、地球外生命体の存在を信じるものの間ではいまだにこの円盤はufoであったという声もあり、ドロパストーンの真意についての議論はまだ. com/ アメリカ合衆国第44代大統領であるバラク・オバマは、アメリカで初めての黒人大統領で、イスラム教徒を親に持つ初めての大統領でもあります。 演説がうまく「Yes we can」というフレーズは流行語になったほか、現職の大統領で初めて広島を訪問するなど日本とも縁の深い大統領です。 年には現職のアメリカ大統領として、初めてノーベル平和賞を受賞しています。 さて、オバマ大統領は非常に印象強い大統領でしたが、実は宇宙人についても意味深な発言をしていることでも知られています。 年、オバマ大統領は『エレンの部屋』という番組に出演したとき、「大統領のことならなんでも知っている」という6歳の少女メイシー・ヘンスリーの「(大統領は)宇宙人とコンタクトをとったことはあるの?」という問いに対して「いや、実を言うと今まで宇宙人と直接連絡をとったことはないんだ。もし宇宙人からコンタクトがあれば、すぐに教えるよ」と否定しています。 ほかにもオバマ大統領は宇宙人との接触について否定的な発言を多くしていました。 ですが年、オバマ大統領はホワイトハウスでの会見で「核開発以後、宇宙人が訪れるようになった。トルーマン大統領は宇宙人と接触し、土地を提供する代わりに技術供与を受けた」と公表しています。 この矛盾した発言にはどのような意味があるのでしょうか。 本当は宇宙人からのコンタクトがあるのに、何らかの圧力によってそれを公にできないのかもしれません。 アメリカの歴代大統領は、オバマ大統領のほかにも宇宙人との接触やUFOについての発言をする人が少なくありません。 第42代大統領ビル・クリントンは年に「エリア51を調査したが、宇宙人は発見できなかった」と任期中に極秘裏にエリア51と呼ばれる地帯を調査したことを明らかにしています。 第39代大統領ジミー・カーターは「もし私が大統領になったなら、UFOに関する機密情報を広く公開する」と、UFOを自らの公約に掲げたことがありました。 ただ大統領になった後も、UFOについての情報が公開されたことはありません。 アメリカは世界で最も大きな国のひとつであり、もし知性のある地球外生命体が地球を訪れる場合、訪問先の第一の候補としてアメリカを考える可能性はあります。 いずれアメリカ. it/ フェルミのパラドックスは、イタリアの物理学者エンリコ・フェルミが指摘した、地球外文明に関する指摘です。 エンリコ・フェルミは実際に調査することの難しい事柄を、関連した情報から推論する「フェルミ推計」や「フェルミ粒子」、「フェルミウム」など多くの用語に名前を残す、非常に輝かしい業績を残した物理学者です。 ムッソリーニ政権下のイタリアからアメリカへ亡命し、マンハッタン計画へ参加する形で核開発にも関わっています。 宇宙は人類の想像を超える歳月の中で、膨大な数の惑星が誕生しています。 もし地球に似た惑星が周期的に発生するとしたら、膨張を続ける宇宙の中で地球と同等の文明を有する宇宙人が誕生しているはずです。 そして、宇宙人が地球に到達していてもおかしくありません。 ですが当時、そして現代に至るまで宇宙人の存在は確認されていないためフェルミは「彼ら(宇宙人)は果たしてどこにいるのか?」という問いを発したと言われます。 フェルミは地球外文明の住人は地球に到達しているべきだと考察しており、にも関わらず一切存在が確認されていないのは「矛盾(パラドックス)」だと考えたのです。 このパラドックスを解決するために、当時の超常現象などから、なぜ存在が確認されていないかの考察が進みました。 1961年にはこのパラドックスに関連し、アメリカの天文学者フランク・ドレイクが「私たちの銀河系に存在し人類とコンタクトする可能性のある地球外文明の数」を求めた「ドレイクの方程式」を考えています。 また1975年にはアメリカの物理学者マイケル・ハートがフェルミのパラドックスを詳細に分析したことから、「フェルミ-ハートのパラドックス」と言われることもあります。 フェルミのパラドックスは宇宙人の存在を示す直接の物証ではありません。 しかしフェルミのパラドックスを解き明かすには、天文学、物理学、哲学など多くの学問において「宇宙人」なるものの概念を念頭に置いて考察する必要があります。 その点ではフェルミのパラドックスは「宇宙人」の存在について、この上ない理論的な裏付けとなりえるでしょう。. 年ギョベクリ・テペ。これまで20年以上に渡って発掘調査が行われ69本もの巨大な石柱が掘り出された。その内の三分の一以上に精巧な彫刻が施されている。様々な哺乳類、爬虫類、昆虫、鳥などをかたどったものだ。だが、この土地に生息しない生物も含まれている。例えば、鴨やアルマジロ、猪などだ。 大洪水の後、ノアの方舟はギョベクリ・テペからそれほど離れていないトルコ東部のアララト山にたどり着いたと考えられている。ギョベクリ・テペの石柱は、ノアの方舟の動物たちを記録しているかのようにも見える。もしかしたら、ノアとその子孫たちが大洪水の後に文明を再構築した場所がギョベクリ・テペなのかもしれない。 ギョベクリ・テペで発掘された円形の巨石建造物は5つあり、それぞれの中心に2本の巨大な石柱が立っている。中心の柱は重さ20t高さ5メートルもあり、周りを取り囲むT字型の柱よりも明らかに目立つ。 それらの柱は人のような姿に見える。腕のようなレリーフが前に向かって伸びていて、腕の先には長い指がついている。衣服を着ていて、シンボルがついたベルトもつけている。顔は描かれていない。柱のT字型の先端が頭部を表現していて、まるでハンマーの頭のように見える。 謎めいたこの柱の彫刻と非常によく似たものが、地球の裏側で見られる。イースター島のモアイ像だ。さらにボリビアのティアワナコ遺跡にも全く同じような姿勢の石像があり、おへその辺りに手が置かれている。同じような姿勢の彫刻柱は、世界の他の地域にも存在する。イタリア、コロンビア、フランス、ロシア、モンゴル. . トルコ・シャンルウルファの歴史博物館にギョベクリ・テペから発掘されたトーテムポールが展示されている。1万年から1万2千年前の物と推定されており、この柱には3つの像が縦に連なって彫刻されている。 このトーテムポールが興味深いのは、地球外生命体のようなものが描かれていることだ。その像が掴んでいる別の像には、人間に似た特徴がある。もしかしたらこれは、原始的な人間なのかもしれない。そして2つ目の像は、出産しているように見えて生まれてきた赤ん坊には、明らかに人間の顔がある。これはつまり、繁殖実験によって現世人類が生み出されたことを示しているのではないだろうか。 トーテムポールは、百科事典やタイムカプセルのように情報を保管する役割を果たしている。もし、このトーテムポールが家系図のようなものだとしたら、彼らの祖先が人間ではなかったことを私たちに伝えるために作ったのではないかと思えてくる。 多くの古代文明には、初期の人類と神が接触し交配する物語がある。四世紀に旧約聖書から除外されたエノク書という古文書によれば、遠い過去に天から地球に降りて来た巨人の集団がいたという。 見張りの者と呼ばれる人たちがいて、人類を監視していた。彼らは人類と関わってはいけないという決まりを破り、地上に降りてきたのだ。そして科学技術を紹介した。さらには人間と関わった。人間の女性と結婚して子供が生まれたのだ。そして、その子供たちが堕天使として知られており、その姿は現在の人間に似ていた。唯一の違いは背が高かったことで、その身長は3メートルから5メートルに達したという。神の掟を破り人間と交わったことは、堕落とみなされ神が介入したと伝えられている。彼らを地球から抹消するために、神が大洪水を起こしたのだ。 ギョベクリ・テペの建造者は、1万2千年前に地球で何が起きたのかという重要な情報を残そうとしたのか?そしてその情報には、地球外生命体によって人類が作られたことも含まれるのか.

jp/ 1977年、オハイオ州立大学のSETI(地球外知的生命体探査)プロジェクトに従事していた電波望遠鏡「ビッグイヤー」が、いて座の方角からある電波信号を受信しました。 この信号は72秒間にわたって狭い周波数に高い強度で発信されていることが明らかになったため、外宇宙から何らかの意図を込めて送られてきたものであると推測されました。 当時電波を観測していたジェリー・エーマンは信号をプリントアウトしたときにこの信号に気付き、驚きのあまり表の該当部分を赤丸で囲み、その横に「Wow! 文明が放棄された場合、50年ほど経つと物質の劣化があちこちで見られるようになる。例えば、高層ビルなどは外壁の一部が地面に崩れ落ち始めるだろう。そして、鋼鉄でできた物には、錆で小さな穴が空き始める。千年経てば、その物質が土が吸収されて跡形もなくなるだろう。最終的には石でできた物だけになる。例えば、ラシュモア山のような物だけが残るのだ。 エクアドルのキトには、インカ道が残っている。インカ道とは、巧みに張り巡らされた全長4万キロを超える道路網で、エクアドル、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、そしてチリを通る。この長い回廊を築くにあたってインカ帝国は、車輪も荷を引く動物も鉄の工具も文字も使っていなかったようだが、高度な工学原理に基づいて作られている。 この道が凄いのは、非常に高く険しいアンデス山脈を横断しているところだ。山々を抜けるトンネルを堀り、絶壁に沿って細い道を作らなければならなかった。興味深いのは、主要な道路が北西から南東へと伸びていることだ。 そしてその道沿いに巨石で造られた遺跡が数多くある。ティアワナコ、クマプンク、クスコ、マチュピチュ、オリャンタイタンポやサクサイワマン、巨石で造られたこれらの遺跡は、インカ帝国の時代よりも数千年前の物だという説が有力になってきているので、インカ道も同じように数千年前に遡るのかもしれない。 インカの創世神話によると、初代の皇帝になる人物が地下のトンネル網からチチカカ湖の島に出てきた後、クスコに行ってみるとそこには、トンネル網や建造物がすでにあったという。ここは神々の故郷で、彼らが地球を去る前に住んでいた場所だと言われている。 インカ帝国の幹線道路や、その道に沿って建てられている遺跡は、かつて地球を植民地にしていた地球外生命体の文明が残したものなのだろうか?. それは、生命が誕生し進化へ繋がる重要な時期の地球にとって大きな支えとなり、月の磁場が太陽風をブロックし地球を守ってくれていた。 つまり、月が存在しなかったら今の私たちは存在していなかったかも知れないのです。. 71 id:cap_user 火星の南極の氷の下に「塩水湖」、そこに生命は存在したのか. ギョベクリ・テペから約480キロ離れたカッパドキア地域の一部にあるデリンクユに失われた文明の証拠が存在する。その広大な地下都市は、地下13階におよび2万人が生活していたとも言われる。科学的な方法での年代の測定はできていないが、先史時代に避難場所として使われたという説もある。 初期のキリスト教徒が使っていたのは間違いないのだが、先史時代に活動があった痕跡も残っている。考古学者たちが、旧石器時代に遡る道具の跡を発見しているのだ。これは最終氷河期に当てはまる。ということは、私たちの祖先は大災害と氷河期を逃れて、この地下都市に避難していた可能性がある。 失われた地球外生命体の遺跡 同じトルコの中央アナトリア地区でも同じような地下都市が発見されている。この地下網の規模は45万平方メートルを越え、オリンピック用プール370杯分以上の岩が掘り出されたと推察されている。だが、この地域にはその掘り出された岩が残っていない。この謎の洞窟網は、今も発掘調査中で一般公開されていない。 この洞窟に何万もの人々がいたことを示す証拠があるだけでなく、通気口や井戸など地下に長期間暮らすための設備も発見されている。この洞窟が発見された際、迫害を逃れた初期のキリスト教徒が使っていたことを示唆する遺物が見つかった。それに基づき約1500年前の遺跡だと推定されたが、新たな証拠によってさらに前に遡る可能性が出てきたのだ。 この洞窟が1万2千年前に作られたとしたら、推定されているギョベクリ・テペの建造時期と一致する。誰が地下道を築いたのか?なぜ地下へと追いやられたのか?その手がかりは、洞窟の岩ではなく古代ペルシャの宗教文書の中にあるという。. トルコ南東部。ここで深さ6メートルの砂の中に見つかった世界最古の神殿遺跡ギョベクリ・テペの発掘が行われている。年代測定の結果、この場所は少なくとも1万1000年以上前のものだとわかった。これは最終氷河期の終わりよりも前となり、最古の文字を発達させた文明よりも6000年も前に遡る。 この遺跡は、原始人は狩猟、採集生活だという考え方を覆した。このような巨大な神殿を造るには、支配者のような人物の下で大勢の人が協力して作業したと考えられる。遠くから巨大な石を運んできて美しい彫刻を施した柱を造り、大規模な神殿を造り上げたのだ。当時の人類は、洞窟で原始的に暮らしていたと言われるが、実際にはそうではなかったのだ。 そして最も興味を惹くのは、遺跡から10キロほど離れた場所で見つかった等身大の石像だろう。遺跡と同じ年代のもので、ウルファマンと呼ばれる。それは高度な文明世界から来た者のように見える。着ている服には襟が浮き出ていて、宇宙服のようなものなのかもしれない。何者なのだろうか?普通の人間には見えない、髪の毛がなく目も奇妙だ。最終氷河期よりも前に存在した失われた文明を創った者なのだろうか? 数万年前、地球には宇宙から来た者が住んでいたのだろうか?そして、彼らは驚くべき知識や進んだ建築技術を地球にもたらした後、わずかな石像や建造物を残して忽然と消えたのだろうか。それはなぜなのか?石でできた物以外は、全て消しされられるような壊滅的な出来事が地球で起こったのだろうか?.

地球外生命体が古代遺跡を建てた意図は? 「古代の宇宙人シリーズ」 宇宙人建造物説 の続きです。 「古代の聖地は、地球の表面に計画的に配置されている」ことに プラトン などの哲学者たちは氣づきました。. 動画視聴で楽天ポイント貯まる楽天TV(Rakuten TV)!【パラサイト 地球外生命体】SF・超常現象映画の洋画。【あらすじ】8年前に妻と息子を事故で失って以来、博士のエリックはその罪に苛まされていた。. アイスランドの伝説・ラグナロクでは、天地変動が起こる。炎に焼き尽くされた大地は水の中に沈み、北欧の神々とその子孫は死に絶える。結局、人間の男女2人だけが生き残り子孫を増やしていくという話だが、これは旧約聖書の大洪水の話とよく似ている。そしてこの物語のように古い世界が終わり、新しい世界が始まる出来事を描いく話は地球上のほぼ全ての文化に見られる。 年、地質学者のグループが大規模な隕石の衝突があったことを示す証拠を発表した。世界中の様々な場所で地質調査を行うと紀元前1万900年ごろの地層に炭素が多く含まれていたという。さらに北極の氷を分析した別の研究者たちは、ほぼ同じ時代に氷河が急激に溶けたことを示す証拠を発見している。 地質の記録は、世界の大変動に関する物語が真実であることを示しているのだろうか?もしそうであるなら、地球外の文明が一掃され人間だけが地球に残されたという説も真実なのではないか。. 地球外生命体と聞くと我々が想像するのはやはり、頭と目が大きく体はヒョロッとしたグレイタイプと呼ばれる宇宙人ですよね。 有名な映画の影響やその有名さも相まって目撃情報もダントツで多いので、私たちが思い浮かべる地球外生命体の中でも4番. 古代シュメールから現代にまで至る、壮大な都市伝説。 古代より人類の歴史に関与していた、宇宙人アヌンナキとは。 いま世界で起こりつつ.

失われた地球外生命体の遺跡

email: zytun@gmail.com - phone:(387) 732-9976 x 8792

Teevee graphics VIDEO VICTIM 2 - キングの Your

-> 仮面ライダーW(ダブル) FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ ディレクターズカット版
-> ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛

失われた地球外生命体の遺跡 - 白い翼のメモワール アンジェリーク


Sitemap 1

モンド21麻雀プロリーグ 第3回名人戦 Vol.3 - グラビア 三國さらん さよならのまえに